NAGOのライフスタイルBLOG

探しものは見つかりましたか?

ブログの書き出し(冒頭文)を工夫すると最後まで記事を読んでもらえる

ブログの冒頭に書く文章、記事の書き出しについて悩んでいませんか?そんなことを悩んでいるあなたは自分の記事を多くの人に読んでもらいたい人なのではないでしょうか?
ブログの最初に書く文章は重要な役割をもっています、今回はブログの冒頭に書く内容について考えてみました。

筆者も同じ悩みを持っていて、なかなか書き出しの一文が書けず時間ばかり掛かってしまいます。そんな時は「こんにちは~NAGOです」から書き始めると意外とスラスラ書けてしまいます。

書き出しには有効ですが、本文を書き終えたらあいさつ文は削除しましょう!後から説明しますが、あいさつ文は意味がないばかりか逆に離脱を促進してしまう可能性があります!

挨拶文や天気の話、まして書き手のプライベートな話はあなたのファン以外には残念ながら興味のないお話なのです。

 

理想的な冒頭文は検索ユーザーの心理を刺激し読む気にさせるためにある 

あなたのサイトの訪問者の大多数はGoogleなどの検索経由でやってきます。検索により「答え」を求めているわけで、そんな目的をもってやってきたユーザーに違う話を長々としても逃げ出すのがオチでしょう。

どうしても入れたい場合は文末が効果的。最後まで読んでくれたお礼になります。

ブログの冒頭文は検索から来たユーザーの興味を引く内容にしないとすぐに離脱してしまいます。つまり冒頭に書く文章は本文に誘導する役目があるのです。

 

検索意図を予想し冒頭で本文の内容を伝える

映画や小説のような起承転結はブログ記事に必要ありません!なぜならユーザーは「答え」を探しているから。時間をかけずに効率的に調べたいのです。

冒頭で本文の内容をつたえることが重要。

それにはユーザーの求めるものを理解しないと書けません。

ユーザーの求めるものって?

それは記事タイトルにあります。この記事の場合は「ブログ」「読んでもらう」「書き出し」又は「冒頭文」を主なキーワードに設定しました。検索するユーザーはブログ記事の書き出しやブログ冒頭文の書き方や最後まで読んでほしいなど悩みや迷いがある可能性が高いと言えるでしょう。

 

記事タイトルを見て訪れるユーザーは、ブログを始めて間もないか。最後まで記事を読んでほしいと仮定すると。

  1. 単純にブログの書き出しが苦手なのか?
  2. ユーザーの離脱を防ぎ最後まで記事を読んでほしい?

これに対する「答え」を記事の冒頭に書くか本文に書くだけで OK!

 

問いかけ、疑問、共感、反論、親近感、を演出する 

この記事では冒頭3行の文章でいきなり問いかけています。1の問いについては最初の吹き出しによって答えを出すとともに共感を。

同時に吹き出しの効果で親近感を演出してみました。

しかし次の吹き出しでは、いきなり反論?

読んでいる方は「疑問」がわきます、人は疑問があると先が知りたくなりますよね。スライダーを動かすと目次が現れます。

目次は重要ですが項目が多いと逆効果

ずら~っと長い目次だと、それだけで疲れてしまってサヨウナラとなります。不自然にならなければ、見出しにはキーワードをいれておきましょう。

 

検索画面には記事タイトルと説明文

検索するとわかりますが、記事タイトルの下に小さい字で記事の説明文が表示されています。なにも設定していないと記事冒頭の文章が表示されます。

ここに最初に言った「あいさつ」やタイトルと関係ない文章が説明文としてのると誰もクリックしてくれません。はてなブログには記事作成画面右下に「記事の概要」があります。ここに記事の概要を250文字以内で書いておけば問題ありませんが、冒頭文を考えて書いていればいじる必要はないと思います。

 

冒頭文のまとめ

冒頭文には本文への誘導というお仕事があります。ここが適当だと読み進めてもらう可能性が薄くなります。ガンバって工夫してみましょう!

ところでユーザーがどこまで読んでいるのか、どこでサヨナラしているのか分かるアイテムがあるんですね~便利な世の中です。

リライトには抜群の効果があるのではと思ってますが、これは又次回にでも。

 

NAGOでした See you