NAGOLOG

ナゴログ

コンテンツ作りには検索意図、キーワード、検索クエリを理解するべき

 タイトル、冒頭文に続き次はいよいよ本文。そのまえに本文と冒頭文(誘導)タイトルは繋がっているでしょうか?この3つがバラバラだと、一つの作品には絶対になりません!なぜならタイトルで流入したユーザーが冒頭文で違和感を感じ本文で失望したら、もう二度と訪れることはないでしょう。

ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツを作るにはどうすべきでしょうか?

検索意図とキーワードに関連した記事を書くとグーンと読みやすくなる

検索意図(インテント)とは検索するユーザーが何を調べたいのか?又は知りたいのか?検索している目的の事です。検索意図には3つの種類があると言われています。ユーザの検索意図を知ることでニーズに答えることができます。結果読みやすい記事なるのです。

検索クエリの種類

  1. ナビゲーショネルクエリ(案内型):特定のサイトへ行く場合使う検索のこと、楽天市場 Amazon
  2. トランザクションクエリ(取引型):購入目的で商品を探す場合の検索のこと、「パソコン 格安」など
  3. インフォメーショナルクエリ(情報型):検索エンジンを使う場合一番多い「知りたい」「調べたい」を検索する場合。

 

 クエリについては明確に分けられない場合もあるけど、筆者のサイトだと物品販売はしてないので 検索からの流入は主に3のインフォメーショナルクエリからになります。

 

キーワードとクエリの違い

 なんとなく似たような感じがするキーワードとクエリだけど、大きな違いがあります。

  • キーワード:書き手が設定するフレーズ(ワード)
  • クエリ:ユーザーが検索するフレーズ(ワード)

 重要なのはユーザーが設定するクエリです。キーワードとクエリが合致した場合「質の良いコンテンツ」を提供できます。ところがズレていた場合は残念なことになってしまいます。

ユーザーの検索意図は設定したキーワードどおりにはいきません。なので検索ユーザーの意図を予想したり仮定して記事を書くことになります。それにはキーワードから連想されるワードを細分化する必要があります。キーワードプランナーなどのツールを使うのがいいでしょう。

 

キーワードプランナーを使おう

innovarth.co.jp

 

 てっきり有料だと思い込んで使ってませんでした!無料でも使えるようなので上記のサイト様を参考に登録しましたよ。

さらに運用の仕方についても最新版が出ています。

innovarth.co.jp

 

 

まとめ

 自分向けにブログを書いてる場合(楽しいから書いてる)はキーワードやクエリを理解する必要はありません、一歩進んでPVが欲しいアドセンスによる収益が欲しいと思ったら外向けにコンテンツをつくる努力が必要です。 

 それにはタイトルから本文まで一貫してユーザーの利益になる記事を書かなくてはPVは頭打ちになるでしょう。

 

 

 このWebというカテゴリーはこれから始めるリライト作業のため知識をためる必要があったので始めました。自分向けですね、ところがこれがとんでもなく面白い。オンラインゲーム攻略どころの話ではありません。

とんでもなくふか~いのです。

  攻略要素満載のゲームのような、地道に情報を探る気の遠くなるような工程をへても成功するとは限りません。でも競馬伝説と同じでエンドレス筆者のニーズにマッチしているようです。

キーワードプランナーの他にも

omusubisuggest.appspot.com

 このようなものまでありますからPV意識してる人は活用してみてください。では頑張ってね。

 

NAGOでした See you