NAGOのライフスタイルBLOG

あなたのライフスタイルは?日々楽しく豊かに暮らしたいですね。

台風22号サオラー通過中の沖縄県名護市から発信!

f:id:nago777:20171028115651j:plain
台風が接近中です、午前9時現在の名護市の状況は雨が強くなってきました。風音も時間が経つにつれ大きくなってきました。

今年台風が上陸するのは初めてです、ひさしぶりなのでちょっと緊張感がありますね。

しかも10月にくる台風はかなり珍しい。

 

路線バスが運行休止になったので県内の会社はお休みです、本日は土曜日なので元々休みの方はさぞ残念に思っていることでしょう。

「どうせくるなら平日にこいよな~」

と思っている方は500人くらいはいるはずです。

ブラック色の強い会社に勤めている関係で年間休日は基本52日
なので少し嬉しいNAGOでした。

 

f:id:nago777:20171028115421j:plain

 

台風には名前が付いてる22号台風は別名サオラー

台風は何号とか番号で呼ばれることが多い、気象庁では1月1日以降発生した順番に番号をつけています。

今回の台風22号はサオラーという名前が付けられています、元々米国が台風に名前を付けていました、特に女性の名前が印象的。

キティやキャサリン、特に印象に残っているのがジェーン台風
昭和25年に発生した台風です、もちろん筆者は生まれてませんよ。

 

台風がくると思い出す映画

印象に残ったのは映画「稲村ジェーン」の影響かな
ジェーン台風から15年後をモデルにした映画、昭和40年の稲村ケ崎を舞台にした映画で「20年に一度のビックウェーブ」を待つ若者を描いている、20年後じゃないのは配慮じゃないかと思ってますが筆者の思い違いかもしれません。

映画としては加勢大周主演でグダグダだった記憶が・・・

 

台風の名前は使いまわしで5年くらいで一巡する

話を戻して平成12年に北西太平洋または東シナ海領域で発生する台風には台風委員会(加盟14カ国)により固有の名前を付けることになります。

平成12年の第1号台風の名前が「ダムレイ」でカンボジアが命名しました。今回の台風「サオラー」は140番目でベトナムの命名であり「サオラー」の次に発生する台風は順番で行くと「ダムレイ」になります。

あれ、ダムレイって最初に出たやつじゃん

そうなんです、台風の名前は140種類用意されていて一巡して元に戻るんです。ただ例外があって大きな災害をもたらした台風に関しては以後の台風に使わないように変更することがあります。

 

 

f:id:nago777:20171028115651j:plain

日本の命名した台風は星座からとっている

テンビン ヤギ ウサギ カジキ カンムリ クジラ コグマ コンパス トカゲ ハト

どうやら星座をモチーフにしてるようですが、皆さんどうでしょう?

「台風18号ヤギが最接近」 「台風20号トカゲが発生しました」

別なものが生まれたり近づいてくる感じがするよね~

 

災害をもたらす台風なのでサクラとかカブキなどの日本特有の名称を付けづらいのはわかりますけどね、たとえば日本神話の悪役をモチーフにするとか(別の方からクレームきそうだ)やはり無難なところを選ぶのは日本的なのかもしれません。

 

台風の眼に入ったのか無風状態

10時30分過ぎてからピタっと風も雨もやみました、無風状態です。
いわゆる台風の眼にはいったのでしょうか?

テレビで確認するとまだ那覇なんだけど
台風の眼がどでかいのか?

なんだが不思議な感覚になる、自然ってやっぱり凄いもんだね。

 

 

進行方向に対して台風の右側は風が強い左側は風が弱い

「台風が大村(長崎)をまわってくるときは強い台風だ」

これは九州(久留米)に住んでいるときよく聞いた話です。

 

台風の進行方向に対して自分のいる場所が左側の場合、右側にいる場合よりも風が弱くなる傾向がある。

理屈はとてもシンプルで、台風は左回転(反時計回り)しているため台風の右側は進行方向に対して追い風になっている

逆に左側は進行方向に台風を押している風と回転している風がぶつかり合い打消し合うため風が弱まります。

 

 吹き返しに気を付けましょう

台風の眼を過ぎた後徐々に今度は反対方向からの風が吹いてきます、いわゆる「吹き返し」といわれるもの

油断していると突風でドアに挟まったり、かたずけ中にケガをしたりするので十分注意が必要です。

 

今回のまとめ

沖縄県は台風の通り道に位置しているため、県民の皆様は小さいころから「台風慣れ」しています。

台風対策にしても自然に身についています。

住宅に関しても古くから台風を意識したつくりになってますから、うちのような築50年以上経ったような木造平屋でもなんとか持ちこたえています。

しかしながら少しでも不安を感じたら「避難所」を利用するのもひとつの方法であり、特に台風の右側にいた場合は十分に注意してくださいね。