NAGOLOG

ナゴログ

思考を変えるだけでブログネタはつきない

このブログも開始から5か月目。最近おなじ時期に、はじめたブロガーさんや読者登録してたブロガーさんがやめていくことが多くなりました。やはりデータが示すとおり1年継続するのは難しいようです。

逆に意識がたかく、WordPresに変更するかたも見受けられます。PVで心折れないように頑張ってほしいと思います。

 

ブログだけが趣味ではない、世の中楽しい事はたくさんあります

辞める理由はそれぞれ、想像しても意味はありませんし考え方や事情もあるでしょう。それにブログを書くだけが楽しみだとすこし残念な気もします。

趣味はたくさんあったほうが良いわけで、そのほうがブログを書くにしてもプラスになり人生が豊かになります。 

 

好きは嫌いの始まり目標設定が継続のポイント

何事も忍耐というか結果を早く求めては長続きしません。書くのが好きだからと楽しそうに書いていたブログがいつのまにか消滅しています。ザラにある事ですが、ブログを書くのが好きだけでは、なかなか続かないものです。

恋愛のように好きになるのも早いですが嫌いになるのも早いのです。

毎日更新や書くことを目的にしてたら、すぐに行き詰まります。ネタがなくなると書くことが苦になってしまうでしょう。
 

書くのは手段、目的は別に設定してみる

僕の場合はたぶん皆さんと違う視点で記事を書いています。こういう風に書いたらどうなる?こうしたらこういう結果になる。検証しつつ読者の反応やPVの動きからサイトを観察してます。

ある種の変態かもしれませんが、目的がそれなので時間をかけて調べることも書くのが苦になることもネタがなくなることもありません。

書くだけでは達成感が味わえるのは最初のうちだけでしょう。読者が増えたPVが増えたもそのうち当たり前の出来事になります。

早く結果を求めず、少し先の方に目標をおいて書くことを手段にするとネタに困ったり苦になる事はなくなります。

 

ブログは1記事完結ではありません

ブログはひとつの記事単位で完結します。しかし短編読み切りにしてしまうと「あっ」という間に書くことがなくなります。ドラマや映画でさえスピンオフを採用してます。

ひとつの記事から派生する記事を考えれば、それこそ「ねずみ講」のようにネタは無限に出てくるものです。

 

書くスタイル(パターン)を確立する

文章を書くのが苦手という人がいます。読んでみると記事ごとにパターンがバラバラだったりします。思いついたことから順に書いているとそういう感じになります。

そのうちに「なにから書いたらわからない」状態になりスランプに。

こういう場合は文章をいくつかに分けてパターン化するとスラスラ書けるようになります。パターンは人それぞれ、他のサイトを読み込んで自分が読みやすい分かりやすいと感じた記事のパターンを分析してマネればいいだけです。

同じパターンで書いていいの?いいんです!内容は毎回違うしリピータは毎回同じリズムで読むことができます。

 

他のブログ記事に便乗する

今回のネタは、読者さんのブログで話題にしていた記事に便乗したものです。つまりブログネタはどこにでも転がっているのです、私は僕はこう思うということで1記事完成となります。

 

編集後記

書くことを目標にしなければ記事を書くのが苦にならない。とは言っても人はバイオリズムもあることで書けないときは外に出てリフレッシュしましょう。

季節柄、花見のネタを考えています。旬のネタは少し早いタイミングで出すといいかもしれませんよ。

 

NAGOでした See you