NAGOLOG

ナゴログ

更新頻度を下げたらブログが書けない病にかかった時の対処法


ブログの更新頻度を意識的に落としてみました。前々回の記事に書いてるとおり直帰率とセッション継続時間の低下が理由。その両方が改善傾向にあるので昨日記事を書こうと思ったら書けないじゃないですか!書きたいのに筆が一向にすすみませんよ、どうしましょう困った!

 

www.nago-lifestyle.com

今書いててもタイピングが止まってますよ~タスケテ

ブログ書けない病だな、それは!

ブログ書けない病ってなんだ?

つまりだな、今までブログを毎日更新していただろ。ある意味習慣になっていたんだよ。それを急にやめてしまったものだからリズムが崩れたんだな。

解決法はあるんですか?

習慣というのは慣れなんだよ、書けないと頭で考えるから書けないのさ。考えないで思ったことをどんどん書いてみな。するとほら今スイスイかけているじゃない。

マジに今スイスイ書けてます旦那、昨日のフン詰まり状態はなんだったんでしょうね(笑)

という訳でなぜか今高速でブログを書けてます。出だしにあんなに時間がかかっていたのに不思議ですが、勘を取り戻したとかリズムに乗ったということでしょうか。

 

考え過ぎると「アカン」という事ですね。世のため人のために書いてるわけじゃないから前記事で「楽しいから書いてるんです」なんて書いておきながら行動が伴ってませんね。

 

ブログを書けない病にかかってる「あなた」リズムにのるまで適当に書きましょう。ブログって修正が出来るの知ってました?それに自分が思っているほど有名でもないのですから。

「良い記事」を意識するあまり書けなくなったら本末転倒です。

いま流行のインプットアウトプットなんて考えてたらインプットしすぎて筆は進みませんがな。

 

 

前記事で「あなたはなぜブログを書いてるの」の問いにお答えくださり、ありがとうございました。

www.nago-lifestyle.com

いろいろなお答えがありましたが、好きで書いてる方がほどんどでしょう。いまや一般人がそれこそ世界に向けて情報発信することが可能な時代。筆が進まない病にかかってる暇はありません。

 

昭和では考えられないことが、普通にしかも小学生でもできるほどの環境が整ってます。その中からプロブロガーになったり副業として収入を得ることができるなら書く楽しみが増えるというものです。

 

ブログを書く人には「寂しがり屋」や「自分の話を誰かにつたえたい」とか「不満やストレスを吐き出したい」との思いで書いてる方も多いと思います。なんでもいいのですが共有してくれると「嬉しい」ですよね。明日への活力になります。

 

幸い「はてなブログ」には互助会的な助け合いシステムが充実してるので活用しましょう。離れ小島でだれも読んでくれないところで書いていても承認欲求はみたされませんからね。