NAGOのライフスタイルBLOG

探しものは見つかりましたか?

ぼくのせーかくなんです。

はブログに独自性を与える意味で最近は文末のまとめの代わりに

編集後記なんてえらそーな題名で

適当なことを書いてます、気づきました?

 

最近はページビューを増やす手段の記事が増えてますが、自身PV至上主義ではありません。

せーかくなんです(笑)

昔からそーでした、形から入るんです。

 

興味のあるものは、まず調べる、とことん調べて調べつくしたあとに行動する子供でした。

少年時代は昭和時代。当然インターネットなんて便利なものはありませんから立ち読みしたり図書館で借りたり。

小遣いはすべて週刊漫画5誌に費やす子でしたよ。

今思えば漫画からの知識が大きかった。

すると雑学にたけてくるのでクイズ番組「クイズダービー」なんか得意でしたね~。

カラオケにしても調べつくして練習した結果が、「にがて」だったカラオケもスナックのね~ちゃんに誉めてもらうほどに成長しました。

 

で、今なぜPVなんだ?というと

このサイトを完成させたいという思いがあるのです!

せーかくなんです(笑)

ブログの前の時代、ホームページの時代から失敗と挫折を繰り返しても、懲りずにまた始めてるし。

 

で、ひとつ大きな間違いに気が付きました。

筆者これです!

普段使いませんよね~作家でもあるまいし

前から違和感がありましたから

 

一人称でいえば普段つかうのは僕、俺、自分、ちょっと「かしこまった」場合は私あたり。

社会人にもなれば使い分けるのが常識ですがブログだとどうでしょう?

私だと少し距離があるし、俺は最近使わないし

僕か自分なんだけど、自分はちょっと固いな~西部警察的で。

 

ブログで大事なのは「独自性」

おなじ情報なんてネットを探せばくさるほど出てくるので、自分らしさ、僕がどんな人間なのか文章で表現するには普段使っている言葉で書いた方がいいかもしれない。

 

先ほどTwitterで「NAGOさんのお仕事は」と聞かれました。
「8~5時までの普通のサラリーマンです」と素直に答えてしまいました(笑)後からちょっとドキドキ、でもそれが自分なんですね~~

 

そういったことで編集後記なんですよ~

 

「読者の役に立つコンテンツ」「SEO」は皆やってることで、ですます調の説明文だと楽しくないじゃないですか。「自分の思いや考え」「個性」を追加しようと思えば普段使っている口調で文章かくのもイカシテルかもしれませんよー。

 

ということで、既に感づいてる読者もいるかもしれません。文章の最初に使ってますね。

今日から「ぼく」でいきま~す!

 

NAGOでした See you